un pur..(cooking+cake-ing)

manthly class

Manthly Class | DECEMBER 2015

Photo

Cereals and banana cakes | シリアルとバナナのケーキ

栄養豊富で手軽に食べられる朝食として定番のシリアル。欧米では家庭の常備食材一つで、お菓子の材料としてもよく使われています。今回はオートミールにバナナとレーズンを合わせ、同じくオートミールを使ったクランブルをのせて焼き上げました。生地にはたっぷりとオートミールを加えますが、焼きあがると他のフィリングと馴染み、不思議とゴソゴソとした舌触りは感じられません。食物繊維が豊富なの素朴な甘さが懐かしい焼き菓子は、朝食にもぴったりです。

Photo

Flapjack | フラップジャック

イギリスで定番のシリアルのお菓子といえば、このフラップジャック。バター、ブラウンシュガー、蜂蜜を煮立てたシロップにオートミールとお好みのナッツやドライフルーツを混ぜて焼くだけの簡単おやつです。材料のほとんどがオートミールというヘルシースイーツですが、香ばしい味わいに手が止まらなくなります。本場イギリスでは蜂蜜ではなくゴールデンシロップをたっぷり使い、柔らかくてねちっりした食感が好まれるようですが、私はサクッと仕上げたものが好み。好きな大きさにカットしてどうぞ。

Photo

Pineapple crumble | パイナップルのクランブル

シリアルとバナナのケーキの上にのせたシリアルクランブルは果物ともよく合います。昨年フィンランドのファームでご馳走になったのが、ルバーブにシリアルクランブルをのせたデザート。オートミールの穀物の味がアクセントになり、とても美味しいと感じました。今回は手軽にパイナップルで。焼いたパイナップルは甘みが増し、とてもジューシー。カリッとしたクランブルがよく合います。オートミールとパイナップル、食物繊維たっぷりのデザートです。

Photo

オートミールとはオーツ麦(燕麦)を加工したシリアルの一種です。オート麦は麦の一種ですが、パンの材料として使われる小麦や大麦、ライ麦に比べて調理するのが難しく敬遠されてきました。19世紀になり後術の進歩により、他の麦と比べとても栄養価が高いオート麦はシリアルに加工さるようになりました。現在ではドライフルーツと合わせたミューズリーや、シロップと混ぜて焼いたグラノーラとして多くの人に食されています。健康的なお菓子のフィリングやアクセントとして、これからますます注目される食材のひとつのように感じています。

PAGETOP